スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張感のある相場

米政府機関閉鎖の可能性がある、ということで
為替は慎重な動きのようです。

アメリカに注目が集まる中、
日銀短観が概ね良い結果の影響で円安が進行しています。

リスクオフのための円高だったので、
米政府機関閉鎖にならなければ、
急な円安が進行していくでしょう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1001.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。