FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにリスクオン

金曜日はついにリスクオン。
円安が一気に加速しました。

しかし、大きな指標発表を控える月の第一週に突入し、
クリミアは進展がないこともあり、これ以上の円安は進まないでしょう。

レンジ相場、
または方向感のないふり幅の大きい相場に突入する可能性があります。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0331.jpg




スポンサーサイト

活発な相場

相場が活発に動いています。

EURUSDがドル高にもかかわらず、クリミア情勢の影響で円高のため、
USDJPYが上昇しなかった。

クリミア情勢の緊迫状況はいつまで続くだろう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0328.jpg

相場が動いた後

円通貨の相場が大きく動きました。
EURUSDは動いていないので円安と見てよいでしょう。

今の動きの反動で、
これからふり幅が小さくなるレンジ相場に突入可能性が高い。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0326.png

テクニカルな局面

テクニカルな局面が続いています。
EURUSDが下落した後、一目均衡表の雲に沿って上昇したことがわかります。

EURUSDの上昇が一服したら、雲の反転に伴い再び下落していくという見方ができます。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0326.png

テクニカル

昨夜は相場が激しく動きましたが、現在、
テクニカル分析が有効な局面を迎えています。

EURUSDの一目均衡表はマイナス雲の力で下落の方向へ。
同時にUSDJPYはプラス雲の力で上昇の方向へ。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0325.png

新しい動きがない

今日は新しい動きがなさそうです。

リスクオン、円安が再び進行しそうです。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0324.png

FOMC発表後

相場はドル高で反応しました。

利上げのタイミングが遅くなっても
アメリカ経済に対する楽観的な味方が強い。

クリミア情勢が緊迫しているため、
ドル円が102円台にとどまっていますが、
その状況次第で105円近辺まで戻ると見ていいでしょう。


EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0320.png

クリミア情勢&FRB発表

クリミア情勢が緊迫している中、
深夜にFRB発表が控えています。

日本の貿易収支赤字が予想どおり縮小したとはいえ、
予想を若干下回りました。

もう少し、様子見の相場、円高基調が続きそうです。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0319.png

EURUSD

現時点のEURUSDは一目均衡表の雲が下落の方向へ力が働きます。
同時にUSDJPYが上昇する可能性も高くなります。

USDJPYが動くと天井がないので勢いよく上昇するでしょう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0318.jpg

火・水のFOMCまで

火・水のFOMCが控えて、大きな動きはなさそうです。

明日の夕方まではレンジ相場の動きの可能性が高い。

一目均衡表の位置では、
一旦、ドル安へ向かうでしょう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0317.jpg

リスクオフ

中国経済動向を見守ることによる円高が進行しています。

また、今夜発表される米失業保険件数が控えて、
一旦リスクオフの相場です。

米雇用統計が予想を上回ってもドル高にならなかった、
予測が難しい相場が継続しています。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0313.jpg



ウクライナ緊迫の緩和

ウクライナ侵攻の必要がまだない、というロシア大統領の声明を受けて、
円安が進行しました。

状況が目まぐるしく変化していくので
今週の相場予測が困難です。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0305.jpg

まだまだ続く

うくらな情勢緊迫化がまだ続く。

円高が進行し過ぎた感から一旦円安になりましたが、
再び円高に向かうでしょう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0304.png

リスクオフ

ウクライナ情勢の緊迫化でリスク回避の動きが出ています。

今週は、大きな指標発表も控えており、
予測が難しい相場となりそうです。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
0303.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。