FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円売りが過熱気味

円売りが過熱気味。

USDJPYは一目均衡表の雲またはMA100あたりまで一旦下落し、
その後再び上昇する値動きを予測できるでしょう。

一方、ユーロのレートが高すぎると見ているので
EURUSDの下落タイミングが訪れるでしょう。

EURUSDとUSDJPYのレート↓
1128.jpg

スポンサーサイト

一旦ドル安

昨夜発表された消費者信頼感指数が予想を下回った結果を受けて、
ドルが一旦売られました。
その後のチャートの動きを見た限り、その影響が限定的のようです。

ただし、EURUSDは一目均衡表のプラス雲による押し上げ力、
そして、USDJPYは雲を貫いてしまったのでそのまま下落してしまう傾向もあります。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1127.jpg

新しい材料がない

新しい材料がない中、
円安が引き続き進行しています。

EURUSDは一目均衡表のプラス雲の押し上げる力で一旦上昇していますが、
再び下落するタイミングが近づいています。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1126.jpg

円安。ユーロ一時上昇。

円安トレンドが相場のリスク選好によってますます勢いを増しています。

金曜日はドイツの景況を示す指標が予想を上回った結果となり、
ユーロが上昇しました。
ユーロ対ドルは方向が見えなくなっています。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1125.jpg

円安継続

円安が進行しており、まだまだ継続中です。

EURUSDはテクニカルな動きを見せています。
トレンドはユーロ売りですが、一目均衡表の雲の位置からすると
これから再びEURUSDが下落するでしょう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1122.jpg

ユーロの動き

ECBがマイナス預金金利政策を検討していることを受けて、
ユーロが急落しました。前回の利下げに続き新たな政策、
トレンドはユーロ売りでしょう。

円安は引き続き進行しています。

FOMC議事録の発表もありましたが、
経済指標がよければ緩和縮小という、以前から分かった事実で
新たな材料ではないので
為替相場への影響はほぼ無さそうです。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1121.jpg



ユーロが上昇

ユーロ圏及びドイツの景況感調査の発表結果を受けて、
EURUSDの一目均衡表のプラス雲の押し上げ力も加わって、
ユーロが急上昇しました。

ただし、この段階でEURUSDが買われすぎ感もあるので
この上昇が限定的でこれからレンジ相場に戻るでしょう。

円売りは依然継続しています。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1120.jpg

レンジ相場終盤

昨日からレンジ相場が続いています。
そろそろ方向を決めるタイミングです。

どちらかの方向へ大きく振ります。

トレンドの読みが間違いなければ、
USDJPYが上昇、EURUSDが下落。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1119.jpg

レンジ相場

円が売られすぎ、ユーロの動きは方向感がないという状況で
週明けはレンジ相場に入っています。

円安はまだまだ進行していくので
このレンジ相場が終わったら再びUSDJPYが上昇していくでしょう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1118.jpg

円安が進行しています

ついに100円超え。
まだまだ続くと思いますが、売られすぎの局面に入っているので
一旦円高に振る可能性が高い。

EURUSDは一目均衡表のプラス雲の力が強く、
ユーロ安のトレンドへブレーキする形になるので、
レンジ相場が続くと見ています。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1115.jpg

レンジ相場継続

レンジ相場が継続しましたが、
そろそろ円が100円超えのタイミングが近づいています。

ユーロはポンド上昇につられ、一目均衡表のプラス雲に押し上げられた
不規則な動きもありましたが、ECB利下げ前の水準まで戻ったので、
ユーロが割高と見ています。

これからはEURUSDが下落、USDJPYが上昇の局面です。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1114.jpg

レンジ相場に突入

レンジ相場に突入しています。

ドル高・円安のトレンドは変わっていないと思います。
レンジが終了したら再びドル高・円安が進行していくでしょう。

本日は大きな指標発表の予定がありません。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1113.jpg

円安再び

USDJPYが再び上昇し始めています。

トレンドが上昇ですが、
それにプラス雲の力でさらに上に押し上げています。

100円超えがもうすぐです。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1112.jpg


米雇用統計の結果

米雇用統計の結果が予想をはるかに上回ったことで、
本格的なドル高・円安トレンドが始まります。

何度も1ドル100円のラインを突破しようとして戻されましたが、
今回こそ100円超えが見えてきました。

USDJPYが上昇という強いトレンド。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1109.jpg



ECB利下げ

ECB利下げを見送るという噂がありましたが、
やはり利下げが実施されました。

予想外の展開にユーロが一気に売られました。
その後、円に流れた形になり円高になりました。

ドルは米雇用統計を控えており、ドルに流入するよりは円に、
という解消法の結果だったのでしょうか。

本日は米雇用統計の結果に注目です。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1108.jpg

レンジ相場

昨日はレンジ相場で
大きな値動きしませんでした。

本日は注目されていたECBの政策金利と米GDP発表を控えており、
発表の時間までボラティリティが小さくなっていくでしょう。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1107.jpg

材料が乏しい

昨日は米ISM非製造業の指標発表がありましたが、
相場への影響はほとんど見受けられませんでした。

本日も大きな指標発表は予定されていません。

新しい材料がないので、
ユーロ安・円安のトレンドが続くと見ています。

円売りするはEURJPYよりはUSDJPYが良い時期です。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1106.jpg

穏やかな相場

先週のユーロ売りから一転、
穏やかな週明けの相場となりました。

動きほとんどない、
様子見の相場のようにも見えます。

こんなときは、ちょっとした噂が流れるだけで
急に動いてしまうので要注意です。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1105.jpg


こんどはユーロに注目か

ドルや円は動かず。

今回はユーロ圏に再び注目が集まるようです。
ECBによる金融緩和観測でユーロが全面安。

ユーロの見通しが見えなくなっています。
まださらに安くなるか、もう売られすぎて買い戻されるか、
わかりません。

ドルもトレンド方向がはっきり見えないので、
ちょっと迷いの相場。

円だけは本来は円安が進行中です。

EURUSDとUSDJPYのチャート↓
1101.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。